お知らせ

 【文部科学省指定】授業時数特例校 【埼玉県教育委員会指定】授業時数の弾力化に係るモデル校
   本校では令和5年度、上記の指定を受け、特別の教育課程を編成し、授業をはじめとする日々の教育活動に取り組んでまいりました。
  令和6年度も、文部科学省から「授業時数特例校」の指定を受けて、研究を継続します。

  令和5年11月30日(木)の研究発表会の資料については、こちらのページ公開しております。
  令和5年12月2日付の埼玉新聞にて、本校の取組が掲載されました。記事については、
こちらのページをご覧ください。
 

カウンタ

R6年度4月1日から~54662

オンライン状況

オンラインユーザー42人





 

学習支援関連









 

相談機関等

困ったり悩んだりした時は、誰かに話を聞いてもらうだけで安心します。
以下の相談機関をはじめ、頼れる場所があります。

〇三尻中学校 ほほえみ相談室 048-533-8666

〇熊谷市教育相談窓口 048-524-1111(内線551)

〇熊谷市こども課 家庭児童相談室 
 子どもあんしんダイヤル 048-527-2700

親と子どもの悩みごと相談@埼玉(埼玉県)

〇埼玉県立総合教育センター「よい子の電話相談」
                 <毎日24時間>
(子供用) #7300 または 0120-86-3192

(保護者用)  048-556-0874

(Eメール相談)soudan@spec.ed.jp
(FAX相談) 0120-81-3192


 

進路関連








 

学力・学習調査関連



 

三尻中学校区安全マップ

 

校長室から

校長室から >> 記事詳細

2023/03/14

バトンゾーン

| by 三尻中
本日は、卒業式予行が行われました。練習とはいえ、緊張感があります。式のひととおりの流れを確認することができました。例年であれば、1,2年生も在校生として体育館にいるのですが、今年度は3年生のみです。練習から卒業式本番までの短い期間でも成長する3年生の様子を目の当たりにすることも、とても意義あることと思います。式には参加できませんが、1,2年生には、3年生からしっかりバトンを受け取ってほしいです。2年生の学年通信「吾亦紅」で以下のような文章がありましたので紹介します(一部抜粋)。

三尻中学校の伝統を受け継いでいく者として、しっかりと3年生から渡される三尻中学校のバトンを掴み取ってもらいたいのです。3年生がつないできたバトンを、これからの1年間全力で持って走り、順位を落とすことなく、少しでも好位置で次の後輩へつないでいくことが君たちの責任です。来週は、いわばリレーのバトンゾーン(テークオーバーゾーン)のようなものです。

今週1週間は確かに「バトンゾーン」に該当するのだと思います。
みんな頑張れ!
12:11