お知らせ

 【文部科学省指定】授業時数特例校 【埼玉県教育委員会指定】授業時数の弾力化に係るモデル校
   本校では令和5年度、上記の指定を受け、特別の教育課程を編成し、授業をはじめとする日々の教育活動に取り組んでまいりました。
  令和6年度も、文部科学省から「授業時数特例校」の指定を受けて、研究を継続します。

  令和5年11月30日(木)の研究発表会の資料については、こちらのページ公開しております。
  令和5年12月2日付の埼玉新聞にて、本校の取組が掲載されました。記事については、
こちらのページをご覧ください。
 

カウンタ

R6年度4月1日から~54133

オンライン状況

オンラインユーザー23人





 

学習支援関連









 

相談機関等

困ったり悩んだりした時は、誰かに話を聞いてもらうだけで安心します。
以下の相談機関をはじめ、頼れる場所があります。

〇三尻中学校 ほほえみ相談室 048-533-8666

〇熊谷市教育相談窓口 048-524-1111(内線551)

〇熊谷市こども課 家庭児童相談室 
 子どもあんしんダイヤル 048-527-2700

親と子どもの悩みごと相談@埼玉(埼玉県)

〇埼玉県立総合教育センター「よい子の電話相談」
                 <毎日24時間>
(子供用) #7300 または 0120-86-3192

(保護者用)  048-556-0874

(Eメール相談)soudan@spec.ed.jp
(FAX相談) 0120-81-3192


 

進路関連








 

学力・学習調査関連



 

三尻中学校区安全マップ

 

校長挨拶

全ては子供たちの笑顔のために           熊谷市立三尻中学校長  新井 千尋

 現在、三尻中学校には、437名の生徒が在籍しています。学校経営方針は「生徒一人一人の能力や個性を伸ばす教育の推進」です。私たち教職員は、学校の主役である437名の生徒一人一人を尊重した上で、その能力や個性をしっかり捉え、一人一人に応じた支援・指導を行っていくことが重要であると考えています。

 熊谷市では「新熊谷プロジェクト」を掲げ、市内全ての小・中学校において「学力日本一」を目指し、「知・徳・体のバランスのとれた学力」を身に付けさせる取組を推進します。本校では、そのことを踏まえ、学校教育目標の「自ら学ぶ生徒(知)」「思いやりのある生徒(徳)」「進んできたえる生徒(体)」の育成に向け、授業を中心とした日々の教育活動に、教職員一丸となって取り組んでまいります。

 保護者・地域の皆さまにおかれましては、引き続き、学校の教育活動に対し、ご理解・ご協力くださいますようお願いいたします。「教育の道は、家庭の教えで芽を出し、学校の教えで花が咲き、世間の教えで実がなる」という言葉がありますように、学校・家庭・地域が一体となった教育活動を進めていくことが、地域の宝である本校生徒の健全な育成にもつながると信じております。合言葉は「全ては子供たちの笑顔のために」です。どうぞよろしくお願いします。